筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

老いが怖いあなたへ…フランス人女性に学ぶウィズエイジング

老いが怖いあなたへフランス人女性に学ぶウィズエイジング

f:id:iyashimorinet:20180727114130j:plain

 

時代や国に関係なく、多くの女性が「いつまでも若く美しくありたい」と願っています。アンチエイジングが重要であることは確かです。

しかし、老いていくことを「アンチ」することが全てではありません。

この記事では、アンチエイジングにフォーカスしがちな世界で、あえて「ウィズエイジング」という内面に注目した生き方をお伝えしていきます。

 

「若いね」って、本当に褒め言葉?一度考えてみましょう

「へぇ!実年齢より若くみえるね。」こう言われたら、どう思いますか?大体の人が、素直に嬉しいと思うはずです。

もちろん、この言葉によろこびを感じること、全然間違っていません。ですが、“若くみえる”という言葉の裏には、いくつかの理由があるように感じませんか?

発言や行動、考え方がハツラツとしていて素敵!の“若い”

見た目にシミやしわがなく、スタイル抜群!の“若い”

実年齢に達していない幼いという意味の“若い”

他にも、いろいろ“若い”の裏には意味があるかもしれませんが、世間では大きく分けて上の3つではないでしょうか。

この3つの意味をみて、どうですか?見た目に気をつかい、きれいにすることは確かに大切なことです。

ですが、見た目の“若さ”を追い求めていくと、どんどん老いることが怖いという感情が生まれます。

強い伝え方をしますが、人は必ず老いていきます。生まれた瞬間から、死へと日々向かっているのです。

この事実は、変えたくても変えられません。だったら、もう老いていくことを受け入れちゃいましょう。周りからの「年取ったね~。」なんていう反応は、スルーして大丈夫です。

よく考えてみると、「若いね」の言葉に反し「年取ったね」という言葉は外見についてのみ言っていることが、ほとんどです。

そんなこと言う人の言葉なんて、「そうなんだよ~。」とでも言って笑い飛ばしちゃいましょう!深く不安になる必要ないですよ。

では、次からどのようにしたら“若く”みられるのか、いられるのか、ウィズエイジングの考え方をお伝えします。

よければ、参考にしてみてください。

年々増す魅力!年齢に対抗するのではなく“共に”という考え方

日本では、「若くみられる=美しい」なんていう式があるように感じますが、近年ではそういった傾向も大分なくなってきました。

しかし、海外と比べてみると、見た目のアンチエイジングに囚われてしまっている女性がまだ多いようです。

自分が楽しくてアンチエイジングをおこなっているのなら、どうぞ、ぜひそのまま続けてください!

少し悲しいのは、老いること、周りの反応に恐怖心があるため、という理由でアンチエイジングに支配されてしまうことです。

現代に生きる私たちは、もっと自由な発想を持っていいのです。そんな日本人女性のお手本になるのが、フランス人女性の考え方ではないでしょうか。

世の女性の憧れ、フランス人女性の生き方は“ウィズエイジング”

最近は、フランス人女性の考え方を紹介する本が多く出版されています。私自身、フランス人女性の生き方や、ファッションについて書かれている本を今まで何冊も読んできました。

多くの日本人女性とは、発想が違う。そう感じました。もちろん、すべてを真似する必要はありませんし、しなくて問題ないです。

ですが、周りの反応に縛られがちな日本人女性にとって、とても参考になる考え方や生き方を、フランス人女性から学べますよ。

そして、驚くことにフランス人女性の魅力についての本を書いているのは、日本人の著者だけではないのです。

海外の著者が執筆したものも、たくさんあります。フランス人女性の生き方が、どれだけ輝いているのかが、わかるような気がしますね。

フランス人女性の考え方、生き方を紹介します。まさに、“ウィズエイジング”です。

化粧は基本、足し過ぎないナチュラルメイク

健康管理はしっかりして、自分の心地よさが大事

スキンケア好き、ボディパーツもお手入れを念入りに、でもやり過ぎない

成熟こそが美しさ!自分の年齢が誇り

いつまでも“女”である

などです。

箇条書きを見ただけで、すでに真似したい!と思いませんか?

スキンケアはしっかりと。でも、シミやしわは気にしない

まずはメイクについてですが、フランスでは、ナチュラル・シンプルメイクの女性がとにかく多いといわれています。

ただ、いつもメイクに気合を入れないのかというと、そうではないようです。ONOFFのスイッチがあり、普段は

まゆ毛

アイライン

口紅

のみというナチュラルメイク。

パーティーやなにか特別なときは、きちんとメイクする。といった具合です。そして、驚くことにファンデーションを重視する人は少ないようです。

フランス人女性は、ナチュラルを好む傾向があるので、ファンデーションで作り込み過ぎるのを嫌がるのかもしれませんね。

そのかわり、スキンケアには力を入れるのでしょう。顔のスキンケアだけではなく、体全体、見えない部分のお手入れも大切にしています。

また、日本では年齢を重ねるごとに、メイクに力を入れなくなる傾向があるように感じませんか?

一方、フランスでは年齢を重ねるごとに、アイシャドウや口紅などでしっかりメイクをするようになるそうです。これもまた、素敵ですね。

そして、年齢とともに現れるシミやしわなどのウィークポイントと思いがちなところを隠さないこと!むしろ、愛してあげるのです。

シミやしわ、たるみなど確かに気になりますよね。ですが、これらは一生懸命生きてきた証なのです。

「老い」を否定することは、自分の人生自体を否定してしまうようなものです。そんなの、楽しくないですよね?

いくつになっても“女である”

フランス人女性のように、スキンケアはしっかりする。だけど、できてしまったシミやしわなどを恨めしく思わない。これ、オススメです!

ですが、けっして若くいることを、どうでもいいと思っているということではありません。

健康管理はしっかりしますし、妻になっても母になっても、“女であること”をいつまでも忘れないということを大切にしているのです。

これこそが、本当の意味での「若さ」ではないでしょうか?いいと思うところは、真似しちゃいましょう。

年齢を重ねても、いつまでも夢や目標を持つことの大切さ

フランス人女性のかっこいい生き方をお伝えしました。世の中には、年齢を重ねるたびに美しく、きれいに、かっこよくなっていく人がたくさんいます。

海外に目がいきがちですが、ここ日本でも、いつまでもキラキラと輝いている人はたくさんいます。

そんな輝く人たちの共通点は、年齢に囚われず、夢や目標、好きなことがあるということです。

これは、男女関係なくいえることなのです。大人になり経験値が上がると、どこかでブレーキをかけてしまいがちです。

ですが、「この人、若いなぁ。」と感じる人って、ほぼ確実に何かに打ち込んでいたり、日々を楽しんでいる人です。

なんでもいいのです。かっこいい芸能人をみてトキメク!なんていうのもありですよ。

心の充実が1番!年を取ることは、素敵な自分になっていくこと

ウィズエイジングの考え方についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

人生、若くいるということは、見た目や年齢のことではないのだなぁ。と少しでも感じてもらえたら幸いです。

人間にとって、もっとも重要なことは、心の充実ですよ。