筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

似合うリップメイクは年代で変わる!色選びや塗り方の基本やコツ

f:id:iyashimorinet:20180719000259j:plain

似合うリップメイクは年代で変わる!色選びや塗り方の基本やコツ

 

リップメイクを洗練された大人のメイクにするには色選びが何より大事。しかし、若い頃とは肌の色つやも変わってきますし、似合う色にも変化が出てきます。

いつまでも同じ色ではダメなんですね。だからこそ、「今の自分」に合う色探しが重要です。

派手すぎず地味すぎず、顔を引き立ててくれるようなリップメイクを目指して、様々なリップメイクアイテムを駆使しながら理想の唇を作り上げましょう!

 

リップメイクが映えるプルンとした唇作りが大事!

 

リップメイクについてお話しする前に、まずやって欲しいことがあります。それは唇のケア!

ツヤの良い、自然な赤みを持った唇でなければ、せっかくの口紅の色も映えません。

ダメージを受けやすい唇は徹底して保湿をしよう

唇がガサガサに荒れていたらどんなにキレイな口紅を塗っても台無しです。皮が剥けたりひび割れたりしていたら、そもそもキレイに塗れませんよね。

唇は皮膚ではなく粘膜なのですが、とても薄いので乾燥しやすく、外部からの刺激も受けやすいのです。ですから、徹底した保湿が必要!

 

リップクリームを塗るときは縦塗りが基本です。唇のしわをよく見てください。縦になっていますよね。ですから縦に塗った方がリップの成分が浸透しやすくなるのです。

また、UVカットできるものも使って日中の紫外線対策もしっかりしてください。何もしていないと唇も日焼けしてしまいます。

 

それが乾燥の原因になりますから、季節を問わず唇も紫外線を浴びないように気をつけましょう。

クレンジングは専用リムーバーを使おう

口紅のクレンジングは専用のリムーバーを使っていますか?ティッシュでこすって落とすなんてことは絶対にしてはいけません。

 

この「こする」という行為が唇に対する刺激になってしまい、乾燥やしわの原因になるのです。

メイクを落とす時には刺激の少ない、ポイントメイク用のリムーバーを使って、優しく落とすようにしてみましょう。

それだけでも、唇のツヤが変わってくると思いますよ!

リップメイクの基本・正しい塗り方をマスター

 

口紅はどうやって塗っていますか?口紅は塗り方一つで仕上がりが全然変わります。

 

魅力的な唇に見せるためにはどのように塗ればいいのか、塗り方をマスターしましょう。

 

リップライナーと紅筆を使うとキレイにできる

 

朝は時間がないので、ささっと直に塗る人も多いと思うのですが、せっかくですからちょっとひと手間かけて、リップライナーでラインを取りましょう。

その中を紅筆で埋めるようにして塗っていくと、はみ出ることも塗り漏れもなく、キレイに仕上げることが出来ます。

リップメイクの裏技として、グラデーション使いもマスターしておくといいですよ!2色の口紅を使うことで立体感を出すことが出来ます。

 

 

理想の形の唇に整える方法

 

唇には薄い、厚いなどがあって、自分の理想とはちょっと違う!ということもありますよね。

口紅の塗り方にも流行があるので、うまい具合に唇の形を整えるにはどうすれば良いのでしょうか。

それにはコンシーラーとリップライナーを活用する方法があります。コンシーラーで唇周りの境界線を「消し」、リップライナーで形を整えていきます。

仕上げにパールやラメの入ったグロスを使うことで、ふっくら感を出すことも出来ますよ!

 

年代別のリップメイク~自分に合った口紅の選び方

 

若い頃にはピンクでも赤でも抵抗なく流行の色を付けられたけど、年齢を重ねてくるとついつい無難な色を選んでしまう、という人は多いと思います。

しかし、その無難な色が自分に合っているかどうかはわかりません。

 

唇は顔の印象を左右する重要なパーツなので、自分に合った色を選びたいですよね。そのためのヒントをご紹介します。

好きな色と似合う色は違う

好きな色が似合う色だとは限りません。だから口紅の色選びって難しい!と思う人が多いのですが、基本は髪や肌の色と合わせることです。

 

自分の肌のベースカラーをチェックすることと、どんな仕上がりが理想か、ということによって選び方が変わってきます。

同じ色でもマットタイプかツヤありかでも見た目の印象がかなり変わりますしね。だから口紅選びって楽しい!

 

 

30代は大人の肌に似合う色を選ぶ

 

30代になったら20代とはちょっと肌の色つやが変わってきます。ですから、肌の色をキレイに見せてくれるような色選びが重要ですね。

ここでも肌のベースカラーに合わせるのが基本ですが、肌に色をくすませないように、やや明るめの色を選ぶのがポイントです。

 

 

 

40代だからこそ似合う色がある!

 

40代になるとさらに肌の悩みも増えてくるので、口紅選びも大変ですが、だからこそ自分に合う色を見つけたいですよね!

自分の肌のベースカラーをチェックするのはもちろんですが、「40代に合う色味」というのがあるんです。

 

 

 

ナチュラルメイクでもリップメイクを楽しみたい!

 

赤やピンクの口紅はどうにも苦手で、という方も多いと思います。

確かに、メイクも全体的に薄めで、服もナチュラルな感じのものが多い場合は、口紅だけ派手にすると浮いてしまいますよね。

そんな方でもリップメイクを楽しむ方法があります。

 

色つきリップでナチュラル感を演出

 

唇のケアもリップメイクも同時に出来てしまうのは色つきリップのメリットですね。

あまり発色が強くないので、自分の唇の色味を活かすことが出来ますし、ナチュラル感のある唇になります。

また、リップ以外の使い道も色々あるので、1本もっておくと便利かもしれませんよ。

 

 

 

グロスだけでリップメイクを楽しむ方法

 

色つきリップよりももっと艶を出せるのがグロスです。口紅の上に塗るよりも、グロスだけで仕上げるとナチュラルな色味を出しつつも、適度なツヤ感も演出できます。

ただ、グロスだけをべったり塗ると輪郭がぼやけて野暮ったい印象になってしまうので、リップライナーで輪郭を取りましょう。

ライナーは自分の唇の色に近い色を選ぶのがポイントですよ!そうするといかにも「輪郭を描いてます」とならずに、自然な唇を作れます。

 

その上にグロスを塗ります。まんべんなく塗るよりも、中央をやや多めに乗せるとふっくら感が出ますよ!

 

色が長持ち!口紅の色を落としにくくする方法

 

朝はしっとりつやつやの唇だったのに、ランチが終わったらもう口紅が落ちまくり。輪郭しか残ってないということも少なくないと思います。

せっかくの口紅がはげ落ちていると魅力も半減してしまいますし、落ちた口紅が歯についていたりしたら最悪です。

口紅を落ちにくくするためには、メイクをする前の準備がとても大切だったんです。

 

 

 

これでリップメイクは完璧!年齢に合わせたメイクを楽しんで

色の選び方から塗り方などをご紹介してきました。これで自分に合った色を選んで、ファッションやTPOに合わせたリップメイクを楽しめると思います。

いくつになってもメイクを楽しみたいですよね。今の自分に合うものを探して、年齢に合わせた、あなたの魅力をさらに引き出すメイクを楽しんで欲しいです。