筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

肌のトーンが暗くなるとどんなデメリットがある?

f:id:iyashimorinet:20180710133338j:plain

 

今まで使っていたファンデーションが、いつの間にか似合わなくなってきたと感じたことはありませんか? その原因は、肌の明るさを示す「肌のトーン」と大きく関係しています。

 

肌のトーンが暗くなると、肌がくすんで見え、疲れて見えたり、暗い顔という印象を与えたりしてしまうため、肌のトーンをアップさせるためのスキンケアに取り組むことは重要です。 今回は、肌が暗く見える原因と、肌をトーンアップさせる方法について、詳しく解説していきます。

f:id:iyashimorinet:20180710133358j:plain

肌のトーンが暗くなるとどんなデメリットがある?

 

肌のトーンは、見た目の印象に大きな影響を与えます。肌のトーンが暗くなると、なんだか疲れているように見えたり、肌の透明感がなくなることで実年齢よりも老けて見られることも……

 

また、肌を暗く見せている原因をそのまま放置しておくと、シミやシワ、そのほかの肌のトラブルにつながることがあります。肌のトーンが暗くなったと感じたら、それは肌のトラブルのサインなのです。

 

肌のトーンが暗く見える理由とは?

 

自分ではなかなか自覚しにくい「肌のトーン」。顔が疲れて見えたり、 今まで使っていたファンデーションが似合わなくなったりしたら、肌のトーンが暗くなってきたのかもしれません。そもそもなぜ、肌のトーンが暗くなってしまうのでしょうか。その主な原因について詳しく見ていきましょう。

 

乾燥

肌は乾燥するとキメが乱れて、肌表面に凹凸ができてしまいます。その凹凸に光が当たることで影ができてしまい、肌が暗く見えてしまいます。

 

血行不良

血行不良になると、血液やリンパの流れも悪くなってしまいます。その結果、肌に十分な栄養が行き届かず、老廃物が排出されない状態になることで、血色が悪く見えたり、肌のツヤがなくなったりしてしまいます。それが原因で、肌のトーンが暗く見えることもあります。

 

過剰な皮脂

ホルモンバランスの乱れや外部刺激によって過剰 に分泌された皮脂が空気や紫外線に触れると、「過酸化皮脂」と呼ばれる肌にダメージを与える刺激物質になってしまいます。過酸化皮脂は肌の老化を進めるとされており、シミやくすみといった肌トーンの低下につながる可能性があります。

 

紫外線

紫外線に当たりすぎると、肌の中のメラニン色素が増えてしまうため、美しく健康な肌を維持するターンオーバーの乱れを引き起こします。その結果シミやくすみを引き起こし、肌のトーンが暗く見えてしまうのです。

 

角質肥厚

肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまっていることを「角質肥厚」と言います。本来排出すべき角質が残っていることで、肌の透明感が失われ、肌がくすむことで、肌のトーンが暗く見えることがあります。

 

f:id:iyashimorinet:20180710133423j:plain

肌をトーンアップさせる方法

 

では、どうすれば肌のトーンをアップすることができるのでしょうか。スキンケアのポイントを詳しくご紹介していきます。

 

正しい洗顔を行う

 

洗顔時のポイントは、できるだけキメの細かい泡を作ること。泡立てネットなどを使って洗顔フォームをしっかりと泡立て、毛穴のすみずみまで丁寧に汚れを取り除きましょう。

 

保湿をする

 

肌が乾燥していると、くすみの原因となります。洗顔後はできるだけ早く化粧水や乳液などを使い しっかり保湿をしましょう。冬場など乾燥が気になる場合には、化粧水を複数回つけたり、保湿力の高い美容液などを使ったり するのもおすすめです。

 

UVケアをきちんとする

 

紫外線を浴びすぎてしまうと日焼けをして肌が黒くなるだけでなく、肌のターンオーバーのサイクルを乱してしまい、くすみの原因になります。紫外線は1年中降り注いでいるものなので、紫外線の強い夏場だけでなく1年を通していつでも紫外線対策をしておくことが大切です。

 

古い角質を除去するためにピーリングを取り入れる

 

ピーリングは古い角質を取り除くのに効果的です。ピーリング石けんやジェルなどを使って、定期的(1週間~2週間おき)に行いましょう。ピーリング後はしっかりと保湿することも忘れずに。

 

顔のうぶ毛を処理する

 

顔のうぶ毛が濃い場合には、うぶ毛が原因で顔色が暗く見えていることも。肌本来の透明感を引き出すためにも、うぶ毛は定期的に処理するのがおすすめです。ただし生理前後は肌が敏感になっているので、顔にカミソリを当てるのは避けましょう。

f:id:iyashimorinet:20180710133456j:plain

ベースメイクを変える

 

ファンデーションの色を変えたり、肌のくすみに効果のあるコントロールカラーを使ったりすることで、ベースメイクを変えてみるのも効果的です。

チークカラーを上手に使うことで肌の血色をよく見せることもできます。

 

せっかくお化粧をしても、肌が暗いせいで疲れて見えたり、暗く見えたりするのはもったいないことです。肌を明るく見せたい、顔が疲れて見えると言われたくない、はつらつとした顔になりたい とお思いの方は、上記の内容を参考にして、肌のトーンアップに取り組んでみませんか?