筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

白湯の凄いデトックス効果!

f:id:iyashimorinet:20180710132134j:plain

「白湯」とは?

「白湯」とは、お湯の事。正しく定義すると、沸騰させたお湯を飲める温度までぬるく冷ました物を言います。一度沸騰させているため、水道水のような飲みづらさもありません。

赤ちゃんや病人、体が弱っている人でも負担なく飲む事ができる上に、最近では、美容効果も注目されています。

そんな「白湯」の効果について解説します。

 

「白湯」の効果

<ダイエット効果>

白湯を飲む事で、体の内側から温まり、内臓も温まり、血流がよくなります。内臓の温度が1℃上昇すると、なんと免疫力は30%もアップ。更には、基礎代謝も約1012%ほど上がるので、体の脂肪が燃焼されやすくなります。なので、ダイエットにも効果があると言われているのです。

 

 

<デトックス効果>

白湯は、冷たい水と違って、体に受け入れやすいもの。積極的に摂取することで、利尿作用も高まっていきます。利尿作用が高まると、体内の老廃物が排出され、内臓の働きが活発化し、新陳代謝も高まります。また、尿を排出することで、むくみも解消されていきますし、水分摂取が増えると便秘も解消されやすくなります。

 

<内臓の疲労回復効果>

内臓が温まると、弱っていた内臓の動きも活発化していきます。現代人は、お酒の飲み過ぎ、疲労、ストレスなどで、胃腸が弱っています。そんな方にもおすすめです。

 

<冷えの改善効果>

胃腸が温まることにより、新陳代謝が上がるので、冷え性にも効果的です。これから暑くなる季節は、クーラーや冷たい飲み物や食べ物の摂取が増え、体が冷えやすくなりますが、そんな冷えにも効果があります。

f:id:iyashimorinet:20180710132319j:plain

 

「白湯」の飲み方

<起床後すぐに>

朝起きたての体は水分が不足しています。冷たい水では体が冷える上に刺激が強いので、白湯がよいでしょう。

また、朝食は、白湯を飲んだ30分後ぐらいに食べるのが理想的です。

 

<食事中に1杯ずつ>

朝昼晩の食事中に、各1杯ずつ摂取しましょう。

白湯が苦いと感じる場合は体に毒素が溜まっている証拠。逆に甘く感じるようであれば、デトックスされているサインです。

 

<ゆっくりと飲む>

白湯の温度は、高すぎても冷たすぎてもNGです。体温程度の熱さにして、少しずつ飲むようにしましょう。

 

<飲み過ぎもNG

白湯はデトックス効果が高いので、飲み過ぎると必要な栄養素も流れ出てしまうと言われています。

1日の摂取量の目安は、800ml程度。一気に飲むのではなく、回数を分けてゆっくりのみましょう。

 

f:id:iyashimorinet:20180710132344j:plain