筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

野菜は生野菜と温野菜どっちで食べるのがいいの?

f:id:iyashimorinet:20180701024034j:plain

こんにちは😃

渋谷筋膜セラピー&リンパドレナージュ癒しの森

りんごです🍎

 

健康や美容に欠かせない「野菜」ですが、ひと口に「野菜を食べる」と言っても、生野菜のまま食べる方法、温野菜に調理して食べる方法などその方法はさまざまです。そこで、生野菜と温野菜それぞれの方法で野菜を摂取するメリットとデメリット、理想的な野菜の食べ方や摂取量の目安についてご紹介します。

 

【生野菜で食べるメリット・デメリット】

 

生野菜はサラダやジュースなどが代表的な摂取の仕方ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それぞれ詳しくみていきましょう。

 

【メリット】

 

★野菜の栄養素をそのまま摂取することができる

 

野菜に含まれている栄養素の中には、熱が加わることによって壊れてしまったり、失われてしまったりするものもありますが、生野菜であればその心配もなく、野菜本来の栄養素をそのまま摂取することが可能です。

 

★酵素を豊富に摂取できる

 

生野菜の魅力は、「酵素」が豊富に含まれていること。この酵素は熱によって失われてしまうため、生野菜で摂取するのが理想だと言われています。

 

【デメリット】

 

★脂溶性(油溶性)ビタミンが吸収されにくい

 

生野菜に含まれる栄養素の中にはせっかく摂取しても吸収率の悪い「脂溶性(油溶性)ビタミン」と呼ばれるものがあります。ビタミンADEKなどが代表的なものです。

 

★カロリーオーバーになりやすい

 

生野菜を食べるときには、ドレッシングやマヨネーズなどをかけて食べるため、実際には思っている以上のカロリーや塩分を摂取してしまうことがあるので、注意が必要です。

f:id:iyashimorinet:20180701024100j:plain

【温野菜で食べるメリット・デメリット】

 

茹でたり蒸したり、ひと手間加えた調理法で食べる「温野菜」にも、メリットとデメリットがあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

【メリット】

 

★栄養が吸収されやすい

 

加熱調理することで失われたり壊れてしまったりする栄養素がある一方で、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンや、ビタミンADEKといった油と相性の良い栄養素などは、温野菜のほうが効率良く吸収することができます。

 

★たくさん食べることができる

 

野菜を加熱調理すると野菜が縮んでカサが減るため、たくさん食べることができます。生野菜では食べきることが難しい1日に必要な野菜の摂取量も、温野菜なら十分に食べることが可能です。

 

★体を冷やす心配がない

 

生野菜は水分をたくさん含んだものが多く、量を食べ過ぎることで体を冷やしてしまうこともありますが、温野菜ならその心配もありません。

 

★どんな野菜でも食べられる

 

野菜の中にはイモ類など生では食べられないものもありますが、温野菜であればどんな野菜でも食すことが可能です。いろいろな種類の野菜を一度に食べることで、効率的に栄養を吸収することができます。

 

【デメリット】

 

★水溶性ビタミンや酵素などの栄養価が落ちる

 

水溶性ビタミンや酵素などのように熱によって壊れたり失われたりしてしまう栄養素は、温野菜では効率良く摂取することができません。

 

★あ調理に時間がかかる

 

茹でたり蒸したりといった温野菜は、生野菜と比べて調理に手間がかかるのがデメリットのひとつです。

 

生で食べたほうが良い野菜・温野菜で食べたほうが良い野菜

生野菜や温野菜にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、より効率的に栄養素を吸収するためには、その野菜にあった調理法を取り入れることが大切です。

 

例えば、水溶性ビタミンが多く含まれているレタスや大根、山芋などは生で食べるのが適していますし、β-カロテンやビタミンADEKといった油と相性の良い栄養素が含まれる緑黄色野菜のほうれん草やニンジン、ピーマンなどは温野菜として食べたほうが栄養素をしっかりと活かすことができます。

 

【野菜は1日にどのくらい食べたら良い?】

 

野菜は健康なカラダや美容に欠かせない大切なものですが、1日にどのくらいの量を食べるのが良いのでしょうか。厚生労働省が推奨する理想的な摂取量は1日に350g以上で、1食あたり120gだと言われています。1日に必要な350gという量を生野菜で食べようと思うと大変なボリュームになってしまいますので、たくさん食べることが難しい場合には、温野菜などを上手に組み合わせて食べるようにしましょう。

 

 

生野菜と温野菜にはそれぞれメリットとデメリットがあり、人によってもそのときの体調によってもおすすめのものは異なります。上記の内容を参考にして、自分に合った方法で積極的に野菜を摂取していきましょう。

 

では、皆さん今日も良い一日を過ごしください😌💕

 

渋谷筋膜セラピー&リンパドレナージュ癒しの森