筋膜セラピー&リンパドレナージュ - 癒しの森 渋谷店

独自の筋膜&リンパケア専門サロン★筋膜&腸セラピー90分7980円、リピート率90%の隠れ家サロン

脂肪が固いと痩せにくい??

f:id:iyashimorinet:20180604131609j:plain

 

こんにちは😃🌞

渋谷筋膜セラピー&リンパドレナージュ癒しの森

りんごです🍎

 

「食事制限をしているのに、思うように体重が落ちない……」、「苦手な運動も頑張っているのに、なぜ痩せないの?」ダイエットをしながらそんなことを思う人も多いでしょう。ダイエットをしてもなかなか効果が出ない場合、その原因のひとつとして「脂肪が固い」ということが考えられます。なぜ脂肪が固いと痩せにくいのでしょうか? 固くなってしまった脂肪はどうしたら良いのでしょうか? 今回は、ダイエット成功の鍵となる「固い脂肪」について、詳しく解説していきます!

 

脂肪が固く感じる原因とは?

 

一般的には「脂肪=柔らかいもの」というイメージがありますが、脂肪は固く感じることがあります。なぜ脂肪が固く感じるのでしょうか。

ここでポイントとなるのが「リンパの流れ」です。リンパの流れが悪いと、本来排出されるべき老廃物が体内に蓄積してしまいます。老廃物は脂肪に付着しやすい性質があるため、脂肪の周りに付着してしまい、それが原因で脂肪が固くなってしまうのです。

 

その脂肪細胞の周りに老廃物が付着してしまったものを「セルライト」と言います。ダイエットの大敵として、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか? 脂肪がセルライト化すると、通常より燃焼するまでに時間がかかるとされています。

また、リンパの流れが悪くなると、体の冷えも招きます。冷え性になってしまうと、脂肪が燃焼されにくくなり、体内に蓄積された脂肪が固くなってしまいます。脂肪が固くなったいわゆる「固太り」の状態は、太ももや二の腕、お腹などに現れやすいのが特徴です。

 

固い脂肪って痩せにくいって本当?

 

脂肪が固くなると、運動をしても血の巡りが悪く、脂肪も効果的に燃焼ができないため、痩せにくいと感じる方が多いようです。

脂肪が固く感じるからと言って全ての人が必ず痩せにくいとは限りませんが、そもそも脂肪が固くなってしまう方は血行やリンパの流れが悪い傾向にあります。そのため、ダイエットをしても燃焼効率が上がらないという、痩せにくい体である可能性があります。

 

固い脂肪を柔らかくするには?

 

固い脂肪というのは、二の腕や太もも、お腹周りなど部分的に現れやすいのですが、部分痩せしたくてもスポーツや食事制限ではなかなか落ちにくいという特徴があります。では、どうしたら固い脂肪を柔らかくすることができるのでしょうか。ポイントは「血行を良くする」こと。その効果的な方法を詳しく見ていきましょう。

 

★マッサージ

 

脂肪が固くなったいわゆる「固太り」の場合は、とにかく脂肪を揉みほぐすことが大切です。セルライト用の専用ローラーや粗塩などを使ってマッサージをし、血流を改善することで、固い脂肪を柔らかくすることを目指しましょう。

 

★有酸素運動

 

ウォーキングや踏み台昇降などの有酸素運動も合わせて取り入れていくと、より効果的だとされています。特に筋トレをした後に有酸素運動をすることで、脂肪の燃焼を助けることができます。

 

★毎日入浴をする

 

体が冷えてしまうとリンパの流れが悪くなり、本来排出されるべき老廃物が体内に残り、脂肪が固くなってしまいます。血行を改善するために毎日ゆっくりと湯船に入り、体を温める生活を心がけましょう。

 

★冷え防止対策

 

もともと冷え性に悩んでいる人は特に、血流をよくすることを目指してみてください。生姜など体を温める食材を日頃の食事に取り入れたり、全身のストレッチをしたり、部分的に温める市販のシートなどを活用したりするなど、冷え防止対策を積極的に取り入れてみましょう。

 

脂肪が固いタイプの方は、まずは脂肪を柔らかくほぐすことから始めましょう。そして、脂肪をスムーズに燃焼させるために、上記の内容を参考に生活を改善し、ダイエットを成功させてくださいね。

 

では皆さん今日も良い一日をお過ごしください😌💖